想田和弘監督作品・観察映画第3弾・第4弾

演劇1 演劇2

Director's Note 想田和弘監督から
Review 内田樹さんによる映画評

中島岳志さんVS.想田和弘監督トークレポート

2012年11月4日

11/4(日)16:00の回上映終了後には、中島岳志さん(政治思想史家/北海道大学大学院法学研究科准教授)と想田監督によるトークショーが行われました。
評論家で、劇作家・演出家である福田恆存さんの著書「人間・この劇的なるもの」を引用し、中島さんが感じた平田オリザさんとの共通点などをお話いただきました。社会においての役割を演じるということ、などお話は多岐に渡りました。
本編にはロボット演劇の場面が登場しますが、中島さんが映画のなかで注目したひとつが、“心”だということです。
気持ちをより伝えようとすると、感情がむき出しになるのが普通。でも、心を描くために、心を空白にするのが青年団の演じるということ、ロボットには心があるか、など興味深い話が続きトーク時間はあっという間に過ぎてしまいました。


この日、トークの前に収録していたというお二人の対談が、WEBサイト「マガジン9」にて年内に掲載予定ということです!
「マガジン9」には、想田監督のインタビューも掲載中です⇒http://www.magazine9.jp/interv/souda/index2.php

あわせてご覧ください!

カテゴリー:劇場レポート

舩橋淳監督VS.想田和弘監督によるトークレポート

2012年11月4日

11/4(土)19:30の回上映終了後には、映画監督・舩橋淳監督と想田和弘監督によるトークショーを行いました。
お二人の関係は長く、ニューヨークでは同じ映画学校、さらに同じ会社でテレビ番組を制作していたそうです。(見たい!)
佐藤真監督の教え子だった舩橋淳監督。想田監督がドキュメンタリー映画を志すきっかけにもなったという佐藤真監督の書籍「ドキュメンタリー映画の地平―世界を批判的に受けとめるために」を教えてくれたのは舩橋監督だったということです。さらに、この日は平田オリザさん・青年団と佐藤真監督との秘話もお話いただきました。
また、どう作品にしていくか、“勝算”はなんだったのか、『フタバから遠く離れて』も300時間以上まわしたということで、どこで撮影を止めるか、などなどつくり手同士の熱い話が繰り広げられました。
さらに今後の活動については、撮りたいものは常に20個くらいある、と想田監督。
舩橋監督も「僕が全く知らない世界を観察して、その世界を面白いと思わせてくれるような作品を作ってほしい!」とお話くださいました。

舩橋淳監督の新作『フタバから遠く離れて』は絶賛公開中です。
HPhttp://nuclearnation.jp/jp/

『フタバから遠く離れて』のトークに想田監督が出演した際の様子はこちらかもご覧いただけます⇒http://nuclearnation.jp/jp/?p=628
さらに、書籍『フタバから遠く離れて――避難所からみた原発と日本社会』(岩波書店)も発売中です。
(実は、こちらの書籍、想田監督の『演劇VS.映画』と同じ編集者さんが担当したという偶然!)
ぜひあわせてお手にとってご覧ください。

カテゴリー:劇場レポート

志賀廣太郎さんVS.想田和弘監督トークレポート

2012年11月3日

11/3(土)16:00の回上映終了後には、青年団の志賀廣太郎さんをお招きして、トークを行いました!
映画やテレビドラマでもおなじみの俳優・志賀廣太郎さん。実は青年団に入ったのは42歳のとき。「現代口語演劇」に触れ、初対面だった平田オリザさんに「次の舞台に出る!」と伝えたそうです。当時20代の役者しかいなかった青年団にとっては、年齢のバランスが取れて喜ばれたそうですが、
「現代口語演劇」始めた当初はお客さんの数が今までの半分以下になり厳しい状況だったなど、90年初期の青年団についてもたっぷりお話いただきました。

青年団の舞台で“もぎり”をしていらっしゃる志賀さんに会ったことがある話が出ると…
「スタッフ業務などのノルマがあるんです。僕は60歳までやり続けたのに、この間50歳以上は免除になったんです!僕の10年はなんだったんだ、という感じです。」とお話されると会場が大盛り上がり!笑いに包まれました。

書籍『演劇VS.映画』
では、志賀さんもご参加いただいた青年団の俳優のみなさんの座談会も収録されています。そちらも合わせてぜひお読みください。

カテゴリー:劇場レポート

11月11日(日)トークゲストとして、宮地昌幸さん来場決定

2012年11月3日

11月11日(日)の16:40〜『演劇2』上映後の想田和弘監督によるトークのゲストに
『亡念のザムド』や現在公開中の『伏 鉄砲娘の捕物帳』などのアニメーション監督・宮地昌幸さん
ご来場頂くことになりました。
アニメーションとドキュメンタリー、同じ映画監督でも、まったく分野が異なるお二人の
お話しがどうなるのか楽しみです!!
是非、ご来場下さい。

11月11日(日)16:00~『演劇2』上映後 宮地昌幸(『伏 鉄砲娘の捕物帳』監督)×想田和弘監督
http://engeki12.com/theater.html

カテゴリー:イベント情報

J-WAVE「JAM THE WORLD」に出演決定!

2012年11月2日

来週、11月6日(火)にJ-WAVE「JAM THE WORLD」に想田監督の生出演が決定!
ナビゲーターは、昨年『Peace』劇場トークを行っていただいた、津田大介さんです!

『演劇』を津田さんはどのように見たのか、どんな話が繰り広げられるのが…どうぞお楽しみに!

【番組概要】
放送局:J-WAVE
番組名:JAM THE WORLD
番組HP:http://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/contents.html
出演日:11月6日(火)
出演コーナー:BREAK THROUGH(20:55頃から出演予定)
ナビげーター:津田大介さん

カテゴリー:メディア情報

【メディア情報】「装苑」「週刊 エコノミスト」

2012年11月1日

★雑誌「装苑」(10/27発売号)
北小路隆志さんによる映画評が掲載されております!

 

★雑誌「週刊 エコノミスト」(10/29発売号)
ワイドインタビュー「問答有用」にて4ページにおよぶ想田和弘監督のインタビューが掲載です。

 

カテゴリー:メディア情報

【メディア情報】「ワンダーランド」「MOMMO.TV」「シアターアーツ」「月刊スカパー!」

2012年10月31日

★小劇場レビューマガジン「ワンダーランド」(10/31配信)
想田和弘監督インタビューが掲載!
見出しは、“演じるレイヤーが複雑に絡み合う 現代口語演劇を「観察」したら”
こちらからどうぞ⇒http://www.wonderlands.jp/interview/soda-kazuhiro/

★考える高校生のためのサイト「MOMMO.TV(マンモ.TV)」(10/26配信)
想田監督のインタビューが掲載!
今週は「その1」の公開です。あわせてどうぞ!⇒http://www.mammo.tv/column/hiroko_tagaya/

★雑誌「シアターアーツ」(2012冬号/vol.52)
望月正人さんによる映画評が掲載されています!

★雑誌「月刊スカパー!」(10/24発売号)
今月のテーマ“映像と舞台の間で”のなかで取り上げられています!

カテゴリー:メディア情報

11月3日(土)・10日(土)・11日(日) 劇場トークイベント追加決定!!!

2012年10月30日

公開から2週目を迎えた『演劇1』『演劇2』、お陰様でたくさんのお客様にご来場頂いております。
11月3日(土)と10日(土)、11日(日)に追加劇場トークイベントが決定しました!!

11月3日(土)19時30分からの『演劇1』上映後に、現在新作『フタバから遠く離れて』が公開中の舩橋淳監督をお迎えして、想田和弘監督とのトークを行います。

また、11月10日(土)、11日(日)16時からの『演劇2』上映後には、想田和弘監督によるティーチイン開催です!!
そのほか、東京や全国各地でのイベント情報は、こちらをご覧下さい。→ 劇場情報

カテゴリー:イベント情報

【メディア情報】インパクション

2012年10月30日

『インパクション 187号』(2012年10月25日発売)に『演劇1』『演劇2』の映画評が掲載されています!! ぜひご一読下さい!!

『演劇1』『演劇2』は先週27日(土)より大阪・第七藝術劇場での公開がスタート!! おかげさまで両回満席立ち見の幕開けとなりました!! 東京・シアター・イメージフォーラムでも上映中です。 ぜひご来場下さい。

カテゴリー:メディア情報

松田弘子さんVS.想田和弘監督トークレポート

2012年10月27日

10月26日(金)には、吉祥寺シアターにて公演中の『三人姉妹』の終演後に松田弘子さんが駆けつけてくださり、トークを行いました!
松田弘子さん、通称マチコさん。平田オリザさん曰く、「松田さんがマチコと呼ばれているのは青年団の3大謎のひとつ」ということですが、その謎も明らかにされました!(ここでは秘密です!)
マチコさんと平田さんは、大学時代の後輩先輩の関係です。
80年代/学生時代の、今の青年団からは想像出来ない初期の舞台についてや、
青年団の食事中のルール(皆で食事中はマズイと言ってはいけない!)やとにかくなんでも皆で議論する体制など、長く青年団にいらっしゃるマチコさんだからこそのエピソードに会場は大爆笑&大盛り上がりでした。
さらに、公演中の『三人姉妹』でのロボットやアンドロイドとの演技についてお話されると、「まさに全身青年団俳優ですね!」と想田監督も感動していました。

書籍『演劇VS.映画』では、マチコさんはじめ、青年団の俳優のみなさんの座談会も収録されています。そちらをお読みいただくと新たな青年団の魅力が見つかります。
また、『三人姉妹』は11月4日(日)まで吉祥寺シアターにて公演中です。
ぜひ生の青年団も体感してください!

カテゴリー:劇場レポート