想田和弘監督作品・観察映画第3弾・第4弾

演劇1 演劇2

Director's Note 想田和弘監督から
Review 内田樹さんによる映画評

中島岳志さんVS.想田和弘監督トークレポート

2012年11月4日

11/4(日)16:00の回上映終了後には、中島岳志さん(政治思想史家/北海道大学大学院法学研究科准教授)と想田監督によるトークショーが行われました。
評論家で、劇作家・演出家である福田恆存さんの著書「人間・この劇的なるもの」を引用し、中島さんが感じた平田オリザさんとの共通点などをお話いただきました。社会においての役割を演じるということ、などお話は多岐に渡りました。
本編にはロボット演劇の場面が登場しますが、中島さんが映画のなかで注目したひとつが、“心”だということです。
気持ちをより伝えようとすると、感情がむき出しになるのが普通。でも、心を描くために、心を空白にするのが青年団の演じるということ、ロボットには心があるか、など興味深い話が続きトーク時間はあっという間に過ぎてしまいました。


この日、トークの前に収録していたというお二人の対談が、WEBサイト「マガジン9」にて年内に掲載予定ということです!
「マガジン9」には、想田監督のインタビューも掲載中です⇒http://www.magazine9.jp/interv/souda/index2.php

あわせてご覧ください!

カテゴリー:劇場レポート