想田和弘監督作品・観察映画第3弾・第4弾

演劇1 演劇2

Director's Note 想田和弘監督から
Review 内田樹さんによる映画評

舩橋淳監督VS.想田和弘監督によるトークレポート

2012年11月4日

11/4(土)19:30の回上映終了後には、映画監督・舩橋淳監督と想田和弘監督によるトークショーを行いました。
お二人の関係は長く、ニューヨークでは同じ映画学校、さらに同じ会社でテレビ番組を制作していたそうです。(見たい!)
佐藤真監督の教え子だった舩橋淳監督。想田監督がドキュメンタリー映画を志すきっかけにもなったという佐藤真監督の書籍「ドキュメンタリー映画の地平―世界を批判的に受けとめるために」を教えてくれたのは舩橋監督だったということです。さらに、この日は平田オリザさん・青年団と佐藤真監督との秘話もお話いただきました。
また、どう作品にしていくか、“勝算”はなんだったのか、『フタバから遠く離れて』も300時間以上まわしたということで、どこで撮影を止めるか、などなどつくり手同士の熱い話が繰り広げられました。
さらに今後の活動については、撮りたいものは常に20個くらいある、と想田監督。
舩橋監督も「僕が全く知らない世界を観察して、その世界を面白いと思わせてくれるような作品を作ってほしい!」とお話くださいました。

舩橋淳監督の新作『フタバから遠く離れて』は絶賛公開中です。
HPhttp://nuclearnation.jp/jp/

『フタバから遠く離れて』のトークに想田監督が出演した際の様子はこちらかもご覧いただけます⇒http://nuclearnation.jp/jp/?p=628
さらに、書籍『フタバから遠く離れて――避難所からみた原発と日本社会』(岩波書店)も発売中です。
(実は、こちらの書籍、想田監督の『演劇VS.映画』と同じ編集者さんが担当したという偶然!)
ぜひあわせてお手にとってご覧ください。

カテゴリー:劇場レポート