想田和弘監督作品・観察映画第3弾・第4弾

演劇1 演劇2

Director's Note 想田和弘監督から
Review 内田樹さんによる映画評

お知らせの記事

『演劇1・2』特典ディスク付き3枚組DVD 2013年12月21日(土)発売決定!!

2013年12月10日

『演劇1』『演劇2』DVDが2013年12月21日(土)、
紀伊國屋書店より発売されることが決定いたしました!!
 
珠玉の本篇5時間42分に加え、未公開シーンや豪華ゲストとのトーク
などを収録した196分にも及ぶ特典ディスク付き
です!!
 
『演劇1・2』本編は、英語字幕にも対応のバイリンガル仕様。
ただいまAmazonや紀伊國屋書店のwebショップなどで現在予約受付中です!!
至極の映画体験をご自宅でも、ぜひ!!
ぜひ、お買い求めください★
 
◉紀伊國屋書店 WEB ⇒ こちら
 
◉amazon ⇒ こちら
 
◉東風オンラインショップ ⇒ こちら
 
— — —
■『演劇1・2』DVD
品番:KKJS-163
発売:Laboratory X
発売協力:東風
販売:株式会社紀伊國屋書店
価格:¥5,800(+税)
 
◉Disc1『演劇1』
芸術とは何か? 演じるとはなにか?『演劇1』は平田オリザと青年団の創作現場にカメラを向け「平田オリザの世界」を徹底解剖。日本の演劇界を永久に変えた、平田芸術の理論と実践の神髄にカメラが迫る!
 
◉Disc2『演劇2』
演劇は21世紀を生き残れるのか? 演劇とお金、政治、教育、ロボット、国際化。そこから垣間見える現代社会!不況と財政難で公的な芸術関連予算は縮小される逆境の中、どのように平田オリザと
青年団は立ち向かっていくのか。『演劇2』は「平田オリザと世界」を見つめる。
 
◉Disc3 特典ディスク
ゲストトークとして平田オリザ、松田弘子、山内健司、志賀廣太郎、深田晃司、古舘寛治、本広克行、宮地昌幸、富田克也、中島岳志、國分功一郎、舩橋 淳との想田和弘監督とのトーク。ほか、文楽の未公開シーン、予告編集などを収録。
 

カテゴリー:お知らせ

『シネマート六本木演劇ナイトvol.0 − 映画館で演劇観る!』にて上映決定!!

2013年8月7日

「シネマート六本木」(東京・六本木)で8/16(金)より1週間開催される「シネマート六本木演劇ナイト vol.0」
青年団、劇団鹿殺し、ハイバイ、庭劇団ペニノという4団体の作品が上映されるこのイベントで、「演劇1」「演劇2」が上映されます!!

「シネマート六本木演劇ナイト vol.0」
■日時:8月16日(金)〜23日(金)
■会場:シネマート六本木(港区六本木3-8-15 TEL.03-5413-7711)
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/
■特設Facebookページ
http://www.facebook.com/engekinight

『演劇1・2』上映日時:8/17(土)
13:00 『演劇1』(映画作品 / 想田和弘監督 / 2012年)
16:10 『演劇2』(映画作品 / 想田和弘監督 / 2012年)
19:30 『アンドロイド版「三人姉妹」』
+青年団俳優によるトークイベント 21:30〜

<青年団特集>8月16日(金)~ 17日(土)
『アンドロイド版「三人姉妹」』(2012年 最新作)
『演劇1』『演劇2』[関連映画作品](2012年)
『東京人間喜劇』[関連映画作品](2008年)

チケットはこちらからご購入になれます⇒http://engekinight.peatix.com

是非、この機会にご来場ください!!

カテゴリー:お知らせ

香川初上陸!【さぬき映画祭2013】で上映決定!

2013年1月30日

『演劇』にコメントもお寄せいただいている本広克行監督が映画祭ディレクターを務め、
2/3(日)より香川県高松市を中心に開催される【さぬき映画祭2013】。
『演劇1』『演劇2』の上映とトークイベントが決定いたしました!

【さぬき映画祭】2/3~2/17開催
映画祭公式HP:http://www.sanukieigasai.com/

日時:2013年2月10日(日)
10:00~ 『演劇1』上映
上映後、青年団演出部・深田晃司監督本広監督のトーク
14:00~ 『演劇2』上映
上映後、四国学院大学助教 西村和宏氏(演出家)と本広監督のトーク

※トークが上映前/後は予定の為、変更になる可能性があります。

会場:香川県立ミュージアム
http://www.pref.kagawa.jp/kmuseum/

 

◆本広克行監督から『演劇』へお寄せいただいたコメント
「演じる」という嘘にカメラを向けても被写体の自意識から完全なドキュメントにはならないと思っていたけど、収録技術などハードの進化と想田監督の観察映画の手法を用いてその壁を見事に乗越えるばかりではなく、演劇入門して、演技と演出について考え、最終的にはオリザさん主演の喜劇映画を観ているかのようだった。

カテゴリー:お知らせ, イベント情報

オーディトリウム渋谷【「演劇」と映画館の『親密さ』】開催

2013年1月17日

オーディトリウム渋谷にて「演劇」と「映画」にまつわる特集上映が行われます。
映画と演劇の蜜月、2013年2月。
演劇と映画はいつからこんなに遠くなってしまったのだろう。
スクリーンで遭遇する演劇と映画。演じられた劇と「親密な」関係を探る映画作品の上映を中心に、映画館で、演劇を、観る。
『演劇1・2』以外にも演劇に関わる下記の作品が上映されます。
是非、あわせてご鑑賞下さい。

■ 上映作品
想田和弘『演劇1』(2012/172分)、『演劇2』(2012/170分)
濱口竜介『親密さ』(2012/255分)
ジョン・カサヴェテス『オープニング・ナイト』(1978/144分/アメリカ)
フレデリック・ワイズマン『最後の手紙』(2002/62分/アメリカ)
松井周演出『カガクするココロ』(2012/110分)映画美学校アクターズコース修了制作上演記録
岩井秀人『金子の半生』(2010/40分)
深田晃司『東京人間喜劇』(2008/140分)
阪本順治『大鹿村騒動記』(2011/93分)
マルグリット・デュラス『マルグリット・デュラスのアガタ』(1981/86分/フランス)

■『演劇1・2』上映スケジュール
2/9(土)13:00『演劇1』
2/10(日)13:00『演劇1』/16:05『演劇2』
2/12(火)13:00『演劇1』/16:05『演劇2』
2/13(水)13:00『演劇1』/16:05『演劇2』
2/14(木)16:05『演劇2』
2/15(金)15:00『演劇1』/18:05『演劇2』
2/18(月)18:00『演劇1』
2/21(木)18:00『演劇2』

■会場
オーディトリウム渋谷

http://a-shibuya.jp/

カテゴリー:お知らせ, イベント情報

ナント三大陸映画祭「若い審査員賞」受賞!

2012年11月28日

2012年11月20日から27日にフランス・ナントで開催されていた【2012年度(第34回)ナント三大陸映画祭】コンペティション部門にて、「若い審査員賞」を受賞いたしました!

★「ナント三大陸映画祭」は、1979年からフランス・ナントで開催されている映画祭です。
  公式HP:http://www.3continents.com/en/programme/2012/competition-2012/

★「若い審査員賞」は、映画を学んでいる学生シネフィルを中心とした、18歳から23歳の7人で構成される審査員団によって選ばれる賞です。

想田和弘監督からのコメント
「若い世代の映画離れが進むのを年々目の当たりにしつつ、一人の映画を愛する者としてなんとかしなければ、と思っていた矢先の「若い審査員賞」受賞なので、本当に嬉しいです。最近の若者は集中力が続かないなんて、誰が言ったのでしょうか(笑)。作り手が本気で作ったものは、若い世代にも本気で受け止めてもらえる証拠だと解釈しました。これからも容赦せず、力いっぱいの豪速球を投げつづけたいと思います。」

カテゴリー:お知らせ

シアター・イメージフォーラムでの【延長上映】決定!!!

2012年11月15日

大・大・大・大・大反響につき!!!
『演劇1』『演劇2』、
シアター・イメージフォーラムで12/14(金)まで延長上映が決定いたしました!!!

<上映スケジュール>
◉〜11/23(金・祝)まで
12:45〜『演劇1』、16:00〜『演劇2』、19:30〜『演劇2』

◉11/24(土)〜12/7(金)まで2週間
10:50〜『演劇1』

◉12/8(土)〜12/14(金)まで1週間
10:50〜『演劇2』

「観終わったあと、誰かと語りたくなる…」という感想が続出!!!
スケジュールの都合でお見逃ししていた方も、もう一度観たかった!!!と思っていた方も、
ぜひ、皆さまお誘いあわせのうえ、この機会にご来場下さい!!!

◎シアター・イメージフォーラム◎
HP: http://www.imageforum.co.jp/theatre/index.html
東京都渋谷区渋谷2-10-2(JR渋谷駅より徒歩8分、表参道駅より徒歩10分)
TEL: 03-5766-0114
MAP: http://www.imageforum.co.jp/map.html

カテゴリー:お知らせ

11/9(金) 「フェスティバル/トーキョー」に想田監督出演

2012年11月5日

現在開催中の日本最大の舞台芸術のフェスティバル「フェスティバル/トーキョー」。

「F/T12」の主催プログラム「言葉」(演出:村川拓也さん)の終演後のトークに参加が決定いたしました。

——————————–
「言葉」(演出:村川拓也)
今作のテーマは「対話」。東日本大震災に関するドキュメンタリー映画の制作を通じ、言語に対する欠落感、限界を実感した村川は、現在を言葉がリセットさ れた更地と見立て、その上で新たな表現の地平を探り出そうとする。舞台は被災地を旅した俳優たちと、その言葉を訳す手話者、要約筆記者の対話で構成され る。それぞれに異なる表現手段、話法を持った人々の、ぎこちないやりとり、その繋がりやすれ違いを追いながら、私たちは改めて、言語の持つ意味や可能性を 知ることになるだろう。生まれたての赤ん坊のように、もう一度言語を獲得し、対話を始める。「現在を語る言葉」は、その先にある。
====
日時:11月9日(金)19:30 終演後
会場:東京芸術劇場 シアターイースト(東京都豊島区西池袋1丁目8番1号)
終演後:村川拓也さん+想田和弘監督によるトーク
——————————–
イベント詳細・チケットの購入方法など詳しくは「F/T12」のHPをご覧ください⇒http://www.festival-tokyo.jp/program/12/words/

カテゴリー:お知らせ, イベント情報

【10/20(土)】青年団 アンドロイド版『三人姉妹』も公演スタート!

2012年10月20日

映画『演劇1』『演劇2』のシアター・イメージフォーラムの公開と同じく、
10月20日(土)より、青年団の公演もスタートします!
映画から入るもよし、舞台から入るもよし、どちらも味わって、平田演劇ワールドにどっぷりつかってください!

◎青年団 第69回公演 青年団+大阪大学 ロボット演劇プロジェクト
 アンドロイド版『三人姉妹』
原作:アントン・チェーホフ 作・演出:平田オリザ
テクニカルアドバイザー:石黒 浩(大阪大学&ATR石黒浩特別研究室)

【東京公演】2012年10月20日(土)~11月4日(日)  於:吉祥寺シアター
【フランス公演】2012年12月15日(土)~20日(木) 於:ジュヌヴィリエ国立演劇センター

★青年団 tel.03-3469-9107(12:00~20:00)
http://www.seinendan.org(オンライン予約あり)

さらに、公演後のアフタートークは想田和弘監督も登場です!
10月20日(土)19:30 石黒 浩さん(テクニカルアドバイザー・大阪大学&ATR石黒浩特別研究室)
10月21日(日)15:00 想田和弘さん(ドキュメンタリー映画『演劇1』『演劇2』監督)
10月22日(月)19:30 明和電機 土佐信道さん(アーティスト)
10月23日(火)19:30 コディ・ポールトンさん(日本演劇研究家・翻訳者)
10月26日(金)19:30 坂口芳貞さん(文学座)

カテゴリー:お知らせ, イベント情報

【映画公式パンフレット】完成しました!!

2012年10月19日

『演劇1』『演劇2』映画公式パンフレットが完成いたしました!!

各イントロダクション、ストーリー、スタッフ&キャストプロフィール、
想田監督のプロダクション・ノート「『演劇』2部作について」に加え、
平田オリザさんによるご寄稿 「私はこんなには働いていない」
批評家・佐々木敦さんによる想田和弘監督インタビュー「『観察映画』VS『現代口語演劇』を語る」
凱風館館長・内田樹さんによる映画評「平田オリザの笑顔あるいは法外な過激さについて」、
文化政策研究・米屋尚子さんによる映画評「『!』に満ち溢れた時間」などなど掲載の、
読み応えたっぷり、充実のオールカラー全24ページです!!

公開劇場で700円で発売いたします。
ぜひお手にとってご覧下さい!!

カテゴリー:お知らせ

10/19(金)想田監督最新著作『演劇vs.映画』発売!! & 10/23(火)刊行記念トークイベント開催決定!!

2012年10月15日


想田和弘監督の新著『演劇vs.映画――ドキュメンタリーは「虚構」を映せるか』が、岩波書店より10月19日(金)発売されます。

◎『演劇 vs. 映画』◎
著者:想田和弘 出版社:岩波書店
税込価格:1995円 発売日:2012年10月19日(金)
判型四六判・並製カバー:232頁

『選挙』『精神』『Peace』と続々話題作を生み出している想田監督が次なる被写体としたのは、平田オリザ率いる劇団・青年団。気鋭の映画作家はこの「プロの演劇集団」とどう格闘したのか? 四年に及んだメイキング過程を明かす書き下ろしに加え、平田オリザ、青年団俳優・スタッフ、岡田利規、宇多丸(ライムスター)ら豪華メンバーとの対話を掲載。ドキュメンタリー論の新たな地平を開く。

 

なお10月23日(火)に青山ブックセンター本店にて、想田和弘監督と國分功一郎氏による刊行記念トークイベントが決定致しました!!

演劇vs.映画』(岩波書店)刊行記念トークイベント
「気鋭の映画作家と哲学者が、〈創造〉〈芸術〉〈現代〉と切り結ぶ」

◎イベント内容◎→詳細はこちら
四年越しのドキュメンタリーの傑作『演劇』二部作を完成させた映画作家と、『暇と退屈の倫理学』で大反響をよんだ哲学者が、10月20日公開の『演劇』を入り口に縦横に語り合う。

日にち:2012年10月23日(火)
会 場:青山ブックセンター本店 大教室
時 間:19:30~21:00+サイン会(21:30終了予定)
開 場:19:00~

ゲスト:映画作家・想田和弘
    哲学者・國分功一郎

参加費:1,050円(税込)
予約・お問い合わせ先:青山ブックセンター本店 tel 03-5485-5511
受付時間:10:00~22:00

『演劇1』『演劇2』はいよいよ今週末、10月20日(土)より公開!!
合わせて刊行されるこちらの最新著作も、必読です!!

カテゴリー:お知らせ, イベント情報